忍者ブログ
私が書いた日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海外で不法就労が発覚しますと、罰金はもちろんのこと、一定期間拘束されて、最後には国外退去となります。
そして不法就労者としてブラックリストに載り、一定期間その国への入国ができなくなるばかりか、他の国への入国にも影響を及ぼすことがあります。

ワーキングホリデー制度は、最長1年間に渡って、休暇を楽しみながら異文化に触れ、滞在資金を得るために働くことを認めるという特別な制度となります。
ワーキングホリデー制度は両国の青少年をお互いに長期にわたり受け入れることで、国際的視野をもった人間を育むとともに、両国間の相互理解や友好の促進を果たすことを目的としています。

海外就職を正規の手順でおこなわない不法就労は、ほとんどが密告により発覚することが知られています。
海外だから、自分のことは誰も知らないからといって、不法就労に手を染めていると、周囲の人間、または他の日本人から密告を受けて逮捕ということもあります。
不法就労は犯罪だという認識をきちんと持つようにしましょう。

ワーキングホリデーを利用するためには、どのような条件が必要なのでしょうか?ここではオーストラリアを例にお話したいと思います。
オーストラリアとワーキングホリデー制度を利用出来るようになったのは1980年からと、他の国の中では一番最初に利用出来るようになりました。

PR

海外就職である程度カンタンに就職できそうな職種としたら、やはり寿司屋さんや日本料理店などでしょう。
寿司職人としてや和食の調理人などとして働くことが出来ます。
このような寿司屋さんや和食料理店などでは、日本人でないと勤まらない職業ですので、就職できる可能性は高いです。

海外就職に必要な労働ビザですが、どのようにしたら取得ができるのでしょうか?まず労働ビザを申請するにはスポンサーが必要となります。
雇用主にスポンサーになってもらうことが大切です。
スポンサーなしでは労働ビザの申請はできません。
ここはおぼえておいて下さい。

海外就職が比較的容易にできる職業を見てみても、寿司食人やスキューバダイビングなどからも分かるとおり、ある程度の専門技能は必要なことがわかります。
スキューバダイビングなどは海外で比較的安くライセンスを取得できますので、利用してみると良いかもしれません。

J-1 訪問者ビザというビザを持っていると、最長18ヶ月の就労ができるようになります。
ちなみにこの『J-1 訪問者ビザ』は海外研修プログラムに参加すると与えられるようです。

就労許可を得ずして雇用されることや、さまざまな手段で収入を得ることは禁止されています。
いわゆる不法就労です。
不法就労は立派な犯罪ですし、違反すると非常に重い罰を受けることもあります。
しかし日本人はこの不法就労に関しての認識が非常に甘いようです。

オーストラリアでは、ワーキングホリデービザによって働くことが出来ます。
ただ同一雇用主の下で3カ月以上働くことはできないことや、18才から30才までの子供のいない方で、オーストラリアでの主目的が休暇を過ごす目的であることなどの制限が設けられています。
ワーキングホリデービザはオーストラリアだけでなく、ニュージーランドや韓国などにもあります。


海外で不法就労が発覚しますと、罰金はもちろんのこと、一定期間拘束されて、最後には国外退去となります。
そして不法就労者としてブラックリストに載り、一定期間その国への入国ができなくなるばかりか、他の国への入国にも影響を及ぼすことがあります。

ワーキングホリデー制度は、最長1年間に渡って、休暇を楽しみながら異文化に触れ、滞在資金を得るために働くことを認めるという特別な制度となります。
ワーキングホリデー制度は両国の青少年をお互いに長期にわたり受け入れることで、国際的視野をもった人間を育むとともに、両国間の相互理解や友好の促進を果たすことを目的としています。
+++admin
 最新CM
 バーコード
 カウンター
 カウンター
忍者ブログ | [PR]
Powered by 忍者ブログ Design by まめの
Copyright c [ 【お勧め日記ブログ】 ] All Rights Reserved.  http://javi.blog.shinobi.jp/