忍者ブログ
私が書いた日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二重まぶたを埋没法で作ると、生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができるので、いかにも「つくった」という不自然さがなく、しかも術後のハレが非常に少なく、傷跡も残らず、治りも早いというのが特徴となります。

男性が二重まぶたにしようと考えるのは、やはり仕事上、第一印象が大事だと考えるからでしょう。
営業などで相手先と会う場合、お客様のところに訪問するときもやはり第一印象は大切です。
一重まぶただと、どうしても目つきがきつく見えたりすることもあり、先方が少し構えてしまうケースもあるようです。
大きくキレイな二重まぶたは、それだけで武器になることがあります。

二重まぶたになるための手術法は埋没法だけではありません。
埋没法のメリットとしては、料金が安くすむ、腫れが少ないなどがありますが、デメリットももちろんあります。
埋没法は一重まぶたに戻る可能性があります。
確かに単純にいってしまうと糸でとめているだけですから、年数が経てば戻ってしまうことも想像ができます。

男性が二重まぶたにするには、やはり専門のクリニックを利用するのが一番安全で確実です。
男性専用のクリニックの中には二重まぶたの手術を扱っているところもありますので、一度確認をして、納得するまで相談をするとよいでしょう。

切開法は、二重まぶたのラインに沿って縫合を行いますので傷跡は目立ちにくいといわれています。
また、切開法には抜糸を行わない従来の方法と、術後に抜糸を行う最新の方法の二種類があります。
また切開法には、その人の目の特徴により、さまざまな方法があります。
それぞれのまぶたの形で手術法を選べるようになっていますので、自分にあった方法を相談するとよいでしょう。
PR
Comment
name
title
color
mail
url  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
+++admin
 最新CM
 バーコード
 カウンター
 カウンター
忍者ブログ | [PR]
Powered by 忍者ブログ Design by まめの
Copyright c [ 【お勧め日記ブログ】 ] All Rights Reserved.  http://javi.blog.shinobi.jp/